女性の外性器・外陰部のしくみと働き

女性の性感帯「外性器・外陰部」のしくみや指と舌での愛撫の仕方を図解で解説しています。

女性の外性器(がいせいき)・外陰部の呼称と図解

女性の外性器(がいせいき)呼称と図解女性を何度もイカせるには、男のセックステクニックは必要不可欠。

女性のアソコは、男にとってまさに秘部です。
女性の外性器の各パーツごとに愛撫の仕方を解説していきます。

すぐに実践できる簡単なテクニックを中心に解説しています。
2人のセックスライフがより充実するように、役立てていただければ幸いです。

まず最初に、恥丘(ちきゅう)への愛撫法からみていただければと思います。

恥丘(ちきゅう)別名:ビーナスの丘・土手

下腹部の恥骨前、女性器の割れ目の上の部分、脂肪が厚くたまっていてます。
恥丘は皮膚が繊細で敏感な場所なので手の平全体でソフトに包み込んで刺激が効果的です。
さらに恥骨にローターを押し当て刺激で感じる女性も多くいます。

大陰唇(だいいんしん)

恥丘の下から肛門までの割れ目を両側から守るように存在する、ひだ状の皮膚の部分です。
大陰唇は舌での強い圧迫で押すようにゆっくりと愛撫するのがコツです。

小陰唇(しょういんしん)

大陰唇の内側にある、薄い粘膜のひだ。女性が性的に興奮していない時は、尿道口や生殖器を守る役割があり、形や大きさ、色には個人差があります。
小陰唇の大きさは、日本人女性の約7割が5~7センチで、白人女性の平均は7センチ以上あるといわれています。
小陰唇への愛撫をじっくりと続けていくと、指や舌で刺激しなくても女性器はヌルヌルの状態になります。

会陰(えいん)

会陰の外側にも敏感な性感ポイントがあります。この部分は舐めたり、さすったり愛撫するが、圧迫される刺激に感じやすいツボであります。時には息を吹きかけることも効果があります。

陰核(いんかく)クリトリス

性感帯で敏感な部分で女性にとってクリトリスは、まさに快楽探求の登竜門です。男性では亀頭にあたる部分です。

膣口(ちつこう)

普段は大陰唇に陰に隠されている。両手で膣口を広げながら、舌や指で刺激を与えてゆく。息を吹き込んでもいいでしょう。

外尿道口(がいにょうどうこう)

外尿道口からピュッ!ピュッ!アダルトビデオでは定番となった「潮吹き」をマスターすることによって、あなたのセックスに対する自信は倍増します。潮吹きはあくまでも前戯の一つに過ぎない、けっして技に溺れてはいけません。

肛門(アナル)

肛門は第3の性器と呼ばれるほど重要な性感ポイント。まず緊張を解き余分な力を抜かなければアヌスプレイは始まらない。周辺からゆっくりと揉みほぐすようにマッサージしていきましょう。