女性が幸せを感じるオーガズムとは

Lesson.3では、女性をクリトリスでのオーガズムへ導くためのクリトリスへの最適な指や舌の使い方の愛撫方法を記載しています。

女性のオーガズムとは2種類に分けられます

女性がセックスやオナニーの経験はあっても、膣奥でのオーガズムに到達したことがないという女性は少なくありません。なぜオーガズムに到達できないのか。
その一つに男性側が効果的なセックステクニックをみにつける必要があるからです。

女性のクリトリスでのオーガズム

女性のオーガズムは、クリトリスを指や舌でクンニリングスされほとんどの女性がクリトリスからオーガズムに到達させることができます。

女性の膣奥からのオーガズム

膣奥から到達するオーガズムは、クリトリスから到達するオーガズムよりもはるかに気持ちいいといわれております。

女性のオーガズム興奮が最高に高まると、女性の子宮は移動していき刺激を受け続けると女性は膣奥からのオーガズムに到達します。

男性は射精するとセックスできるまでに時間をおかなければいけないのに対し、女性はオーガズムに到達してもそのままセックスを続けることができるのです。

効果的なセックステクニックを続けることによって女性は何度もオーガズムに到達することができるのです。よくいわれる、「イキッぱなし」の状態ですね。

まず女性をクリトリスでオーガズムへと到達させてから、ペニスへの挿入へと移行していきましょう。

なぜ何度も女性はオーガズムに到達できるのか!?

男の場合、どんないい女性とセックスしても一度射精してしまえば、急激にクールダウンしてしまうが、女性は何度もオーガズムに到達することができるのです。

男も女性も愛撫や刺激によって興奮し、体に痙攣が起こるところまでは差がありません。この痙攣により興奮のエネルギーが体内にどんどん溜まっていくのですが、男の場合は射精でこのエネルギーが一気に放出されます。

女性には射精がないためオーガズムに達してもエネルギーがすべて放出されるわけではありません。結果、体内に残ったエネルギーで何度もイケるのです。